大阪のトラック広告・宣伝カーなら株式会社ディーワークス

お問い合わせフォームボタン
お見積フォームボタン
情報
QRコード
5points

アドトラックの特性

POINT.1 対象を限定した的確な広告活動ができる!

主に広告といえば、テレビや新聞、雑誌等の媒体を利用して、様々な販売促進活動が行われますが、テレビや新聞などの主流媒体は宣伝が広範囲に渡るため、認知数は増えますが対象のターゲット設定には難があります。また費用の面でもCMの全国放送などは莫大な宣伝費が発生します。他に認知度を高める媒体としては電車、バス、屋外の看板といった広告がありますが、契約期間が長めに取られていることもあり、短期間でのPRには向いておりません。現在、短期間でPRするのにWEBプロモーションは主流となっていますが、肝心の該当HPをどのようにして認知させアクセスに繋げるのかという問題が新たに発生します。宣伝トラックが画期的なのは、従来より一般的に認知されている上記の広告媒体が成し得なかったことが実現できる点にあります。まず運行ルートを自由に設定することで、希望する宣伝地域や対象となる人々をピンポイントに限定することができます。そして掲載期間についても、短期や長期などフレキシブルに設定することが可能です。ほかにはトラックの広告面に会社ホームページのURLやQRコードを掲載しておくことで、会社HPへのアクセス増加にも繋がります。会社HPにも広告トラック走行についての宣伝広告を掲載しておくことで、街中とWEB上の両側面からさらなる効果が見込めます。

POINT.2 視覚と聴覚へ同時に広告プロモーション!

通常、音声を用いた広告媒体といえばTVのCMやラジオ、屋外ビジョンのいずれかとなっていました。しかしTVのCMの制作には莫大な費用が掛かることは前述した通りで、ラジオについては音声のみでの宣伝、屋外ビジョンについては設置場所次第というデメリットがあります。また多くが高所にある場合が多いので視覚的に訴える要素が弱い場合は人々の注目を集めることに難がある広告媒体であるといえます。その点、宣伝トラックは広告掲載面積が大きいことから街の人々の関心を引きつけ、同時に音声や音楽を流すことで視覚、聴覚の両面から働きかけることもできます。そして街の人々のほかにも前方、後続のドライバーや対向車などへの広告プロモーションも可能です。人々に視覚と聴覚の両面から最大の効果を与えることができるのが、アドトラックなのです。但し、音声を流して走行するということは場所次第で付近住民の苦情を誘発したり、広告プロモーションどころか会社のイメージダウンにも繋がりかねません。よって弊社では運行ルートを決定する際に、そのエリアで定められている規約を守り、安全且つトラブルのない走行を心がけています。広告トラックへの取り締まりが強くなっている昨今、取り決めに則ったプロモーションへの姿勢は必須項目となっており、そういった”決まり事”を遵守することで付近住民のご理解も得られると考えております。

POINT.3 コストパフォーマンスが抜群!


広告プロモーションを成功させるためにはターゲットを明確にすることや、宣伝活動の計画を立てることなども重要な要素になってきます。 そして費用対効果の面からも、あらゆる企業があまり広告費を掛けないことを目指します。
ここでアドトラックの利点を紹介しましょう。

  • 1、対象者を柔軟に選択することができるため、エリア、対象スポットにピンポイントで情報発信ができる。
  • 2、宣伝広告自体が移動することにより、発信した情報を受け取る者への伝達力がかなり高くなる。
  • 3、広告内容の消費の現場が家庭でなく街中にある場合、その宣伝告知により消費への誘発効果も高くなる。

これらの利点はTVのCM制作等に比べると、はるかに経費節減が可能になるところにあります。 さらに、電子商取引サイトを所持する企業様の場合、広告トラックとWEBサイトでの宣伝活動を組み合わせる「メディアミックス」を実施すれば、新規のお客様や会員様を増やす大きな力となるでしょう。

POINT.4 運行エリアに応じた車種をお選び頂けます!

弊社で取り扱う大型アドトラックは分類上、中型トラックとなりますが、大きさで言うと10トントラックと同等なので、より大きな目立つ広告展開が可能です。
この他にも小型(2トン)アドトラックや、コンパクトサイズの車などへのご要望があればお気軽にお問い合わせください。
上手な車種の選択は費用対効果をよくするためにも大切な要素となります。サイズの違うアドトラックを、それぞれの特徴を生かせるルートで同時走行させる事で宣伝効果も上がるでしょう。